【随時更新】遅すぎることはない。これからやりたい100のこと

 

どうも。人生のこれからを模索中。まっきー(@nobita_x009)です。

僕は、28歳にして会社を辞めてフリーランスになりました。

気がつけば28歳。20代とはいえ、決して「若い」という扱いを受ける年齢ではなくなりました。

大卒で会社員として働きはじめ、今でも働いていれば7年目。立派な中堅です。

お腹だって出てきたし、抜け毛にも日々怯えてます。

 

なにかをやるには遅すぎるのではないかと思った

僕と同い年の有名人を挙げてみましょう。

  • 田中将大(野球)
  • 内村 航平(体操)
  • 香川真司(サッカー)
  • 福原 愛(卓球)
  • Perfume(アーティスト)

スポーツ選手や芸能人の方だけでも、そうそうたるメンバーですね。

上に挙げているような人たちは、僕がアホみたいな顔してぼけーっとしている間も努力をずっとされていたんだと思います。

 

独立している人もそうで、今は「大学時代に起業して今は年収○○です」とか「新卒で未経験のままフリーランスになりました」なんて人もゴロゴロいることに衝撃をうけました。

その人たちは、僕が何も考えずに毎日を過ごしていた間も、「どうやったら好きなことを仕事にできるか」とか、「会社に依存せずに食べていけるか」をちゃんと若いときから考えて生きていたんですよね。

そんな人たちがたくさんいることを知り、僕は

まっきー
もっと早くからいろんな経験をすればよかった。
まっきー
今から何かするのって遅すぎるんじゃないのか?30手前だぞ?

なんてことを思ってしまいました。

 

でもそんな時に、世界一周ダンサー中込孝規さんのこの記事を読んだんです。

「遅すぎることなんかない」全て最適なタイミングでやってくる。

フィリピン留学中、フィリピン人の先生から中込に贈られた言葉に、今の自分に必要な言葉が書かれていました。

“It will come in perfect time.”

「すべては最適なタイミングで起こるんだよ。だから、あなたにとっては、今がベストなタイミングなの」

 

僕にとっては、今が「ベストなタイミング」なんだと思います。おそらく、大学時代の僕に今の僕がアドバイスしたとしても言うこと聞かなかったでしょう。

今までの経験があったからこそ、今からいろんなことに挑戦したい気持ちが強くなっています。

 

 

何かをするのに遅すぎることはない

何かをするのに遅すぎることはない。

そう思いながら周りを見渡してみると、会社員を経験した後に自分のやりたいことを実現している人はたくさんいました。

僕が勝手に劣等感を感じて、行動することをためらっていただけです。

戒め的に宣言します。僕は今からやりたいこと、なんとなく興味があったけどやっていなかったことをリストアップします。

そして、絶対に達成します。

すぐに達成できるものもあれば、時間のかかるものもあると思いますが、すこしずつ達成して行きたいと思います。

 

やりたいことリスト

達成したら取り消し線引いていきます。たぶん挑戦系はどんどん増えていく気がします。

とりあえず今はいろんなところに行きたいがほとんどですね。(笑)

 

旅系

  • 尾道に行ってしまなみ海道を自転車で走りたい
  • 鎌倉の江ノ電に乗りたい
  • 冬の兼六園に行きたい
  • 日本最北端に行きたい
  • 日本最南端に行きたい
  • 海外に行きたい(パスポートも持ってません・・)
  • 負けたら自分以外全員真顔旅をしたい

 

アクティビティ系

  • バンジージャンプを飛びたい(遊園地とかじゃなく渓谷とかで)
  • ダイビングをしたい
  • スカイダイビングをしたい
  • キャニオニングをしたい

 

好きなもの系

  • 藤子不二雄ミュージアムに行きたい
  • the band apartのライブに行きたい
  • 藍坊主のライブに行きたい
  • 新内眞衣(乃木坂46)と握手したい
  • バナナマンのライブに行きたい
  • ライブハウスでライブをしたい
  • ボルダリングに挑戦したい

 

オトナ系

  • キャバクラに行ってみたい
  • SMバーに行ってみたい
  • 超高級オトナのお店に行ってみたい

 

挑戦系

  • フルマラソンを完走したい
  • マネーリテラシーを身に着けたい
  • 自分が生きた証として本を出版したい
  • クラウドファンディングに挑戦したい
  • ブログを通じて仕事を請けたい
  • スマホアプリをリリースしたい
  • Webサービスをリリースしたい
  • 人が繋がる場を提供したい

 

これから随時更新していきます。