今一番楽しいコミュニティ。入江開発室の魅力。

春過ぎくらいから、とあるオンラインサロンに参加しています。そのオンラインサロンは、入江開発室。

これがとても面白いので、ぜひ紹介させてください。







 

入江開発室とは?

「Webサービスで生きていく」を掲げる入江慎吾さんが運営しているオンラインサロン。

入江開発室とは?(CAMPFIREページより引用)

入江開発室は「自分が作ったWEBサービスやアプリだけで生きていきたい」そんな人達が集まる場所。

開発室内で好きなプロジェクトに参加して、企画、開発、プロモーションまで学べる実践型コミュニティです。

開発者じゃなくても、サービスづくりが好きな人なら誰でも参加OK。開発に参加しなくても、応援したり、見ているだけでも大丈夫です。

僕はこのオンラインサロン立ち上げ時の初期メンバー募集で参加しました。

 

入江開発室の魅力って?

これは参加している人によって違うとは思うのですが、僕で言うと「孤独なエンジニアにとってのやさしい世界」だからです。

エンジニアって孤独な場面が多いと思うんですよね。

  • 独学を始めたとき
  • 1人で開発を進めているとき
  • エラーと戦っているとき

他にもたくさんあるんですが、僕はこの孤独に耐えれない事が多くて、常に誰かとセッションしながら開発したいタイプなんですよね。

また、プログラミングを始めたばかりの人にとってプログラミングの勉強というのは、心を折る場面がめちゃくちゃ出てきます。

入江開発室では、一緒にスキルアップしようとするメンバーがいて、ブートキャンププロジェクトなるものを実施したり。

また、分からない事があればチャットに投げるだけで誰かが回答をくれたり。そのナレッジをみんなが残す文化があったり。

それをみんなが前向きにやっています。

スクールでもなく、会社という組織でもなく、なんだか不思議な空間ではあるのですが、僕はここが堪らなく心地よいのです。

 

そんな入江開発室の公式サイトができました。

これも入江開発室内のメンバーのアイデアから生まれたのですが、ポートフォリオサイトを作成しました。(僕は携われてないのですが)

こちらに今製造中のプロジェクトや、メンバーの一覧、メンバーの声などか掲載されています。

僕もメンバーとして載っていますので、ぜひ覗いてみてください。

そして興味がある人は一緒に開発しましょう!楽しいですよ!

それではまた。